気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

自己破産や債務整理を司法書士に依頼する注意点

借金問題に苦しんで自己破産や債務整理を行おうと思う時、司法書士は費用が安いというメリットがあるため一番の選択肢になりがちです。自己破産の場合には裁判の終了までサポートするという点ではどちらも同じですが、法律によって書類の作成代理人という立場になるため、自己破産の裁判の際に審尋がある場合に司法書士は裁判官からの質問に答えることができません。

弁護士は依頼人の代理人となるため、審尋の際の質問に本人が答える必要がありません。また債務整理の中の任意整理を行う場合には、経済的利益が140万円を超える場合には弁護士にしか依頼できないので注意が必要です。

債務整理の一種である自己破産

債務整理にはいろいろな手続きがありますが、中でも最も重いのが自己破産の手続きです。裁判所に申し立てをして免責が認められれば借金がゼロになるという法的な措置です。借金の返済義務がなくなるので精神的なストレスからも解放されて新たに人生をやり直すことできるという大きなメリットがあるということに対して、車や不動産などの高額財産が全て没収されたり国の機関紙の官報に名前と住所が掲載されたり手続き後数年間は新たな借入ができなくなるなどのデメリットもあります。

ですので、借金の問題が深刻になる前に債務整理の中でも比較的軽い手続きである任意整理や過払い金請求などの手続きを早めに行っておくのがおすすめです。

債務整理の種類!自己破産以外にどんなものがある?

債務整理の種類としては、借金をすべてゼロにできる自己破産が一番有名かもしれません。自己破産以外でも、任意整理、個人再生などの種類があります。実は、任意整理という手続きが一番多く利用されているようです。

任意整理では、利息と遅延損害金をカットするという手続きになりますが、一番デメリットが少ないようです。単純に考えると、借金をゼロにできる自己破産が一番メリットが大きそうですが、実は大きなデメリットもあります。債務整理では、任意整理で解決をしてしまうのが一番良いと言われています。なるべく早い段階で弁護士などに相談をすることが大切です。

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について

copyright©気軽に相談弁護士情報交通事故弁護士.All Rights Reserved.