気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

いくつもある遺言書作成の注意点

これから遺言書作成を行うという時に注意点が一つだけなら、正確に行うのも難しい事ではないでしょう。しかし、遺言書作成の注意点はたくさんあります。一つでも守れていない注意点があると、法律の面において無効となってしまう恐れもあります。

遺言書作成の注意点は最初に確認しておいた方がいいでしょう。遺言書作成を終えてから後で注意点に気が付いても書き直す必要があります。また、自分で遺言書作成を行う時には、特に注意点を守っているか慎重に進める必要があります。

大事な点が漏れていると、逆にそれが喧嘩へと発展する原因になってしまう事もあります。本を参考にしている人は、細かい所まできちんと読む様にしたいですね。

遺言書作成をおこなう

遺言書作成と聞くと財産を多く持っているお金持ちだけが、おこなうイメージかと思います。しかしながら、近年においてはそういったこと関係なく、遺言書を作成する流れになっているようです。

遺言書に関しては所有するお金はもちろんのこと、不動産などさまざまな内容が含まれますので、作成することで自分の財産と向き合うことも可能でしょう。また、遺言書を残すことで残された家族や親族は、トラブルなく遺産相続できる可能性が高くなりますので、財産を残すのであれば遺言書の作成は当然のことでしょう。作成の際には、間違いがないように、専門家のサポートを得るといいでしょう。

遺言書作成のサポートを得る

遺言書を作成するにあたって、作成になれない場合ですと戸惑うことも予想されます。戸惑うだけならば良いのですが、場合によっては遺言書の内容が間違っていて、無効になってしまうようなケースもあるようです。

そうした事態を防ぐには自分だけでなく、専門家のサポートを得ることで確実に遺言書作成をすることができるでしょう。遺言書を作成するときには、司法書士や弁護士など法律専門家に相談を持ち掛けることもできますし、中には無料相談などもあります。そうしたサポートをしっかりと受けて、遺言書の作成をするようにしましょう。

確実におこないたい遺言書作成

遺言書作成をする際に、イメージでは簡単に思う人もいるかも知れません。所有する財産の内容によっては、遺言書の作成も簡単なケースがあるでしょう。しかしながら、お金だけでなく、不動産などの分割がむずかしい遺産があるような場合には、間違えてしまう可能性も高くなります。

せっかく遺言書を作成しても、間違えてしまうと遺言書の内容は無効になってしまいますので、そういったことを避ける必要があるでしょう。弁護士や司法書士をはじめとする法律家に依頼することで、手厚いサポートを受けることができますので、確実な遺言書作成ができることでしょう。

遺言書作成が推奨されるケース

現代においては便利になった反面、昔と異なるような事情も出てきていて、戸惑うようなケースもあるかも知れません。その一つに遺言書作成をあげることができます。昔では考えられないほどに、ライフスタイルが多様化されるようになっています。

子どもがいない世帯や単身者、二世帯住宅の方、内縁関係の方、認知していない子どもがいる方など、さまざまなケースがあるようです。このような場合において、遺言書がなかったために遺産分与が故人の意思が反映されないまま、実施されてしまったケースもあるようです。こうした後悔がないように遺言書作成はしておくべきでしょう。

遺言書作成は残された人のために

遺言書作成をするのは記載する人のためのものではありません。では誰のために作成するのかと言いますと残された人たちのためです。残された人は悲しみの中荷物の整理をしたり、お金に関する整理をしていたりしていかなければなりません。

しかし全く指示がない状態ですとどれをどのようにして片していけばいいのか迷ってしまいます。そんな時に故人が自分のこの荷物はこうしてほしいというような指示があれば動きやすいですよね?指示通りに従っていくことができれば持って片付けをする人もラクチンです。そういった残された人の負担を軽くするためにも必要です。

遺言書作成はパソコンでもいいの?

自分で遺言書を作成する時にパソコンなどで作成してもいいのでしょうか?最近では家にパソコンがあるという家庭が多く、高年齢の方でもWordやエクセルを使用できるという人も少なくありません。しかし自筆遺言書を作成しようとしているのでしたらパソコンのWordなどでの作成はNGです。

なぜかというと自筆遺言書作成のルールに「全て自筆であること」というルールがあるからです。そのためもしWordなどを使用して作成をした場合にはその遺言書は無効ということになります。折角作成を心みたのに無効になってしまっては悲しすぎます。何が守らなければならないルールなのかしっかり把握してから作成に取り掛かるようにしてください。

遺言書作成、相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

地下鉄谷町線・千日前線/谷町九丁目または近鉄/大阪上本町から歩いてすぐ

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について