気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

遺言書作成で押印は必要です

自筆証書遺言を作成することは、誰でもすることができます。しかし、自分の中で正しいと思っていても、それは正しくない方式である場合があるので注意が必要です。その決まりを守っていないものは、遺言書としては意味がなく、ただの紙切れになってしまいます。自分の相続についての意思を明らかにするためにも、遺言書作成をするときには専門家のアドバイスを受けたり、書籍を見て参考にするなどして、きちんとした形式を守るようにしましょう。

忘れがちなものに押印があります。日付などをすべて自筆で書く必要がありますが、最後にこれがなくては台無しです。認印でも構わないので、忘れずに押しておきましょう。

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について

copyright©気軽に相談弁護士情報交通事故弁護士.All Rights Reserved.更新日-2011年12月19日