気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

過払い請求大阪

過払い請求で過払い金を取り戻す事は法律上問題がなく、取り戻せるなら取り戻すべきです。逆に払いすぎていた金額が違法だったので、遠慮なく取り戻しましょう、正当な権利です。

しかし、実際に請求するに当たっては注意する点があります。事前に確認し、後悔することのないようにしましょう。請求には時効があります。条件は借入額の完済から10年以内です。

もし完済後年数がたっているならば、時効が切れる前に請求しなくてはいけません。

少し複雑なケースで、同じ金融機関で完済後、後日再度完済した場合、先の完済分の時効が適用されるかどうかは難しい問題です。

こういったケースであるときは自分で交渉するよりも専門家に相談すべきです。これらが一連の取引と判断されるよう協力してくれます。

また、事前に知っておいて欲しい事は、消費者金融に示談の相談を持ちかけられる事があります。これは絶対にその場で承諾しないでください。示談の内容は、請求を引っ込めるかわりに、未返済の元金をなしにするといった話です。

過払い請求は、状況によっては借金がなくなるだけでなく、お金が戻ってくるケースもあります。消費者金融が借金をチャラにしてまで示談を持ちかけるメリットを考えてください。

その場で返答をする必要はないので後で相談してみるなどと伝えて、承諾を避けましょう。

弁護士に依頼して過払いを取り戻す

誰でも、急にお金が必要になり、キャッシングをすることがあると思います。以前には、キャッシングに対する借入利率が法律よりも高く設定されている場合が多く、請求された金額をそのまま返済していたことになっていました。

我々、素人には利率の知識がなかったから、しかたがなかったわけです。最近、テレビやラジオのCMで過払いを取り戻すことが、さかんに放送されているので、視聴した方々も多いと思います。

実際、多くの方には過払いが発生しており、最後に返済してから10年以内であれば、過払いを取り戻すことができます。それを可能にするには、専門家である弁護士に依頼し、法律により取り戻しが可能になります。

クレジットカードによる借り入れて過払い金が発生する

クレジットカードによる借り入れや返済など長期にわたって取引をしているという人は過払い金が発生している可能性があります。過払い金は取引にかかる金利が利息制限法で定められている上限の利率を上回った場合に発生するもので、発生しているかどうかは引き直し計算をすることで調べることができます。

発生していた場合は返還請求をすることで全て取り戻せます。返還請求は自分で個人的に行うことも可能ですが、法律事務所の弁護士に手続きを依頼するのがよいでしょう。まずは初回の相談の予約をするために法律事務所に問い合わせるということから始めましょう。

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について

copyright©気軽に相談弁護士情報交通事故弁護士.All Rights Reserved.