気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

交通事故慰謝料の増額はどの程度認められるか

交通事故慰謝料には基準があり、それに沿って慰謝料の額は決まります。自賠責基準なら怪我の重症度や治療期間に関わりなく機械的に決まりますし、任意保険会社は自社が独自に決めた任意保険基準と自賠責基準を比べて、より低い方の金額を提示します。弁護士基準では、怪我の重症度や治療期間に分けて基準を設定しています。

しかし、ひき逃げや証拠隠滅、否認、被害者に責任を転嫁するような言動などがあった場合は交通事故慰謝料が基準よりも増額されます。どの程度増額されるかは、増額となる理由がいつくあるか、それによって被害者が被った被害の大きさなどによって決まります。

交通事故慰謝料は慰謝料算定基準によって決まる

交通事故慰謝料には、3つの基準があります。自賠責基準と任意保険基準、それに裁判基準です。それぞれに慰謝料算定基準の計算式や表があり、それにのっとって交通事故慰謝料が決まります。

交通事故はたいへん件数が多いので、ケースバイケースで決めるということはあまりせず、類型別に大きく分け、前例に基づいて万事決めるシステムとなっています。そのため、基準から大きくかけ離れた慰謝料になることはあまりありません。3つの基準のどれを適用するかがポイントとなります。被害者としては、裁判基準が用いられるようにしていきたいものです。

交通事故慰謝料で考慮される後遺障害逸失利益

交通事故慰謝料には、入通院慰謝料と後遺障害慰謝料があります。入通院慰謝料では、被害者のけがの程度は考慮されません。入通院の日数と頻度だけで決まります。後遺障害慰謝料は、認定された後遺障害の級によって、慰謝料額が決まります。

ここで妥当な認定を受けておかないと、慰謝料のみならず、後遺障害逸失利益も正当に評価されなくなるので、気をつけなければなりません。後遺障害によって失った利益は、ケースバイケースで計算されます。裁判基準の慰謝料なら、逸失利益が大きいほど、交通事故慰謝料の総額も高くなる可能性があります。

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について

copyright©気軽に相談弁護士情報交通事故弁護士.All Rights Reserved.更新日-2011年12月19日