気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

海外在住の人はどうやって相続手続きをするのか

両親や配偶者などが亡くなった時に、相続手続きをすることになるのですが、もし海外在住であれば、簡単に手続きをする事ができません。 そのようなときには、在留証明書を取得して、海外在住であることを証明し、その上で遺産分割協議書に署名・拇印の押印をすることになります。

在留証明書はパスポート等海外の住所を記載した証明書と、日本から取得した戸籍謄本が必要です。 またその際に、印鑑証明の代わりにサインが本人のものであるということを確かなものとするため、遺産分割協議書の署名・拇印の押印は大使館や領事館にて、係官の立会のもとに行い、同時にサイン証明と呼ばれる証明書を作成してもらうことになります。

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について

copyright©気軽に相談弁護士情報交通事故弁護士.All Rights Reserved.更新日-2011年12月19日