気軽に相談弁護士情報。交通事故の慰謝料

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!交通事故の慰謝料を弁護士に相談。大阪、京都

海外在住の人はどうやって相続手続きをするのか

両親や配偶者などが亡くなった時に、相続手続きをすることになるのですが、もし海外在住であれば、簡単に手続きをする事ができません。 そのようなときには、在留証明書を取得して、海外在住であることを証明し、その上で遺産分割協議書に署名・拇印の押印をすることになります。

在留証明書はパスポート等海外の住所を記載した証明書と、日本から取得した戸籍謄本が必要です。 またその際に、印鑑証明の代わりにサインが本人のものであるということを確かなものとするため、遺産分割協議書の署名・拇印の押印は大使館や領事館にて、係官の立会のもとに行い、同時にサイン証明と呼ばれる証明書を作成してもらうことになります。

手間のかかる相続手続きを変える

かなり手間がかかってしまうとされる相続手続きを変えてしまえば、大きなメリットを得られるでしょう。そのために必要なことをしっかり行っていくことになるでしょう。問題なく解決させるために、必要とされる部分を聞いておき、最終的に処理できる形で手続きを行います。

相続手続きの場合は、意外と長く影響が続く場合もありますが、弁護士に相談していることで解決しやすいです。知っている人から聞いておくだけでも、かなりのメリットを得られるようになります。気になる部分があるなら、しっかり相談して解決しましょう。知らないまま手続きは避けるようにしてください。

相続手続きを初めて行うなら弁護士に依頼

ふいに遺族が亡くなってしまった場合さまざまな手続きが発生します。各種手続きについて一度経験したことがあるなら安心出来るのですが、多くの人が初めてのことでもあるのでしっかりと専門家に依頼することを忘れないようにしましょう。

相続手続きは故人だけではなく、遺族にとっても重大なことなので適当に行わない方が良いです。手続きによっては期限が短いものもあるので、事前に期限を把握しておくことでスムーズな対応を行うことができます。身近な専門家には弁護士などの存在がありますので、まずは信頼できる弁護士事務所を探すところから始めましょう。

全てに期限が設けられている相続手続きです

相続手続きには全て期限があります。少しでも遺産を相続する場合は、手続きを必ずしなくてはいけませんので、順序良く手続きをしていかなくてはなりません。相続手続きをしたことがある方は、すぐに完了させることが出来ますが、手続きをしたことが無い方がほとんどで、どの手続きから行えば良いのかわからない方が多いです。

そんな時に、弁護士を利用して手続きを簡単に完了させましょう。弁護士の指示通りに手続きを進めていくだけで、すぐに全ての手続きを完了させることが出来ます。手続きをする場合には、早めに弁護士に相談をしてください。期限が近すぎて間に合わないこともあります。

事前に遺産相続手続きの金額を相談

遺産相続手続きに関連している費用を計算する場合、弁護士に見積もりをもらってください。先に見積もりをもらってから考えないと、追加の費用が発生するなどの対応が行われた際、依頼をして損失を出す場合があります。

弁護士によっては、依頼中に追加で発生している費用も、報酬として計上することがあります。追加費用の発生がないなどの記載をしている弁護士を利用して、少しでも予算を抑えることが大事です。報酬として支払う金額が多くなってしまうと、遺産相続手続きによって得ている金額が多くても、弁護士に大金を払って損をしてしまいます。

遺言書作成、相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

地下鉄谷町線・千日前線/谷町九丁目または近鉄/大阪上本町から歩いてすぐ

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続き関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について